犬の薬トータルinfo

縦社会の犬から見て子供はどんな位置づけになるのかな?

犬は子供どう見ているか

犬の社会

犬の社会
犬は縦社会を築いています。
この社会においては相手に対して自分が上か下かという順位決定を必ず行います。
群れの上に立つ犬ほど力があり統率力があります。
何よりも群れを守る強い意志とやさしさが必要になります。
下の立場にいる犬は自分よりも上に立つ立場の犬の命令に従い、意向に沿わないといけませんが、代わりに群れを守る仕事はしないでも済みます。
つまり常に守られている立場でいられるために、群れを守るという責任から解放されているので、精神的には楽な生活ができるのです。

子供の方が下

子供の方が下成犬が小学生以下の子供を見た時に、そのほとんどが自動的に自分よりも下と位置付けます。
これは子供の声のトーンが高い事や動きが小さくてスピーディな事も関係しますが、うなったり、牙をあてて威嚇したり、噛みついたりすれば多くの場合は犬の自由になってしまうので、犬から見たら自分よりも下の立場に見えるのです。
ただし、子供を見守る大人が、犬よりも子供の方が立場が上である事や、子供には犬との付き合い方を、犬には子供との上手な付き合い方を互いに学ばせる事ができたなら、問題は起きないです。

子供と愛犬がお互い家族の一員としてより良い関係性を築くためにも、小学生以下のお子さんがいる家庭では犬を迎える時には特に、誰がボスなのかを教える服従訓練が必ず必要なのです。

なせ子供は咬まれやすいのか

なせ子供は咬まれやすいのか
犬の咬傷事故に遭うのは大人よりも子供の方が圧倒的に多いのですが、その理由はどこにあるのでしょうか。
子供は急に犬の頭上から手を出したり、飼い主に許可を得ずにふいに犬に触ったりします。
これらの行動が犬を驚かすのです。
また犬に対してまっすぐに走り寄る、犬の目を見つめるという行動は、犬のカーミングシグナルでは相手を威嚇する、牽制する、あるいはこれから攻撃を仕掛けるというサインになります。
これらの間違えた行動により、犬を刺激して思わぬ不幸な事故に遭うのです。
大人の人間が子供達に犬の事を教えてあげるようにしましょう。
そうすれば事故は減るはずです。

犬が玉ねぎを食べるとどうなるの?食べた場合の対処方法は?

もともと好奇心が旺盛な動物である犬は、興味を持つとなんでも口に入れてしまう所があるので、飼い主さんに心配はつきもの。
食べ物の中にも、人間には美味しくても、犬には危険なものがいくつかります。
特に玉ねぎ、ねぎ、ニラなどのねぎ類は飼い主さんの食事の中に外からは見えない状態で含まれている場合が多く、それをうっかり犬が食べると中毒症状を起こしてしまうので、注意が必要です。

では、玉ねぎを食べると具体的にどうなるのでしょうか。どのくらいの量で危険なのでしょうか。
症状や致死量、応急処置について調べてみました。

どうして犬が玉ねぎを食べてはダメなの?

玉ねぎにはアリルプロピルジスルファイドという成分があり、これが血液の中で酸素を運ぶ役割を持つ赤血球を破壊してしまいます。
人間は体内でアリルプロピルジスルファイドを分解する酵素を生成できるので大丈夫なのですが、犬が食べると酸素不足の状態になり、玉ねぎ中毒溶血性貧血を引き起こしてしまうのです。

どのくらいの量を食べたら中毒をおこすの?

では、どのくらいの量だと中毒症状が出るのでしょうか。
個体差はありますが、だいたい犬の体重1kgあたり15~20gのを食べると危険だとされています。
10kgの小型犬の場合だと150~200gになるので、玉ねぎだと中サイズを一個程度でしょうか。
ただし、もっと少ない量でも症状が出てしまう犬はいるので油断は禁物です。

ちょっと目を離した隙にねぎを食べてしまった!対処方は?

中毒を起こすと、心拍数が増加し呼吸困難、目の結膜が白くなるなどの症状が表れます。嘔吐したり下痢や血尿になる場合もあります。
ただ問題なのは、症状が出るまでに早くて12時間~5日程度かかることです。
なのでうっかり食べてしまったときには、犬が元気そうでもまずはすぐに吐かせることが大事です。
吐かせることが難しい場合や、吐いたとしても食べた量が多い場合は心配ですので、すぐに病院へつれていきましょう。

この様に、犬にねぎ類はとても危険な食べ物です。
お味噌汁に入れた葱や、カレー、ハンバーグ、焼き鳥、すき焼、ウスターソースやケチャップの中にも… 人間の食べ物には玉ねぎやねぎがたくさん潜んでいます。
彼らを苦しめることのない様に、たとえ小さなかけらでも、食べてしまわない様に気をつけましょう。

格安で犬の薬を購入できます!
犬の薬 通販

サイトマップ

更新情報

  • ●2016-12-26
    フィラリア薬の上手なあげ方とは?を新規投稿しました。
  • 愛犬にとってフィラリアはとても怖い病気。それを予防するためのフィラリア薬を与えるのは飼い主としての義務であり、シーズンには毎月しっかりと必要量を与えなくてはなりません。とは言っても実際愛犬によっては、飲むのを嫌がったりし […]

  • ●2016-12-08
    犬に与えるフィラリア薬の効果期間はどのくらいですか?を新規投稿しました。
  • 犬の生命に関わる重大な感染症の一つにフィラリアがあります。 しかし現在では有効なフィラリア薬があるため、定期的に与えていれば大丈夫です。 1か月に1回、蚊の発生する時期に合わせて投与するフィラリア薬が一般的となっています […]

  • ●2016-12-01
    フィラリア薬は生後いつから飲ませるのでしょうか?を新規投稿しました。
  • 犬を飼い出してから心配なのは、フィラリア症にかかってしまうことです。 フィラリア症に犬がかかってしまうと、見ただけでは判断することが難しいため、発見が遅れて治療が後にずれ込むことにもつながります。 そのため、フィラリア症 […]

  • ●2016-11-10
    自宅で犬をお風呂に入れる手順と注意点。を新規投稿しました。
  • まず、犬をお風呂に入れる頻度は、だいだい月に1~2回程度です。 なぜなら、頻繁なお風呂は皮脂を落としすぎてしまうので、皮膚を傷つけてしまう場合もあるからです。 しかし、体臭が強い犬は、シャンプーを使わずに週に1~2回洗っ […]

  • ●2016-08-01
    犬のいびきがすごいのですが大丈夫でしょうか?を新規投稿しました。
  • Contents1 犬のいびき、大丈夫?2 いびきの原因3 いびきが起こる病気①軟口蓋過長症4 いびきが起こる病気②気管虚脱5 いびきが起こる病気③アレルギー6 いびきの変化と呼吸をチェック 犬のいびき、大丈夫? 犬がい […]

△PAGE TOP