犬の薬トータルinfo

犬のいびきがすごいのですが大丈夫でしょうか?

犬のいびき、大丈夫?

犬がいびきをかいて寝ている姿は微笑ましいですが、あんまりひどいと心配になりますよね。
犬のいびきは人間と同じく、呼吸の通り道である鼻腔、咽頭、喉頭の上気道がなんらかなの理由で狭くなることによって、空気の流れで周辺の粘膜が振動することにより起こります。
気にしなくてもいいいびきも多いのですが、まれに治療が必要な病気によっていびきが起こっていることがありますので、注意が必要です。

いびきの原因

犬のいびきの原因でもっとも多いのが、犬種によるものです。
ブルドッグやパグ、シーズーなどの短頭犬種は鼻が短く、先天的にいびきをかきやすい構造になっています。
子犬時代からいびきをかいていて、それが苦しそうでなければ様子をみるだけで大丈夫でしょう。
次に多いのが、太りすぎでのどにも脂肪がついてしまい、気道がせまくなっている場合です。
犬の肥満はいびき以前に命を縮める原因になりますので、太りすぎに気をつけてあげてください。
そして最後に、疾患によっていびきをかいてしまうケースです。早めに気づいて治療を受けさせましょう。

いびきが起こる病気①軟口蓋過長症

軟口蓋過長症は、鼻腔と口腔の間にある軟口蓋が伸びて垂れ下がり、気道を塞いでしまう病気です。
起きているときも喘息のようなぜい鳴音が聞こえ、呼吸が困難な状態になっているのが特徴です。
悪化すると完全に気道が塞がって窒息死してしまうこともありますので、すぐに獣医の診察を受けさせてください。

いびきが起こる病気②気管虚脱

気管虚脱は、気管の強度が弱まり、押しつぶされて呼吸がしにくくなる病気です。
いびき以外にも、食後や水を飲んだあと、運動時に乾いた咳をするようなら気管虚脱を疑い、早めに受診させましょう。
薬で病状の進行を止めることができます。
高齢犬に多いのですが、若い犬でも遺伝やストレス、肥満などで発症することもあるので、注意してあげてください。

いびきが起こる病気③アレルギー

アレルギーを持っていると、鼻水が出て、それがいびきの原因になることがあります。
でもまれに、アレルゲンに触れることによって急激に症状が出て命に関わるアナフィラキシーショックを起こすことがあるので、急に息苦しそうにし始めたときには、急いで病院に連れて行ってください。

いびきの変化と呼吸をチェック

いびきの原因となる疾患は、命をつなぐのに欠かせない呼吸を妨げるものが多いので、注意が必要です。
特に、急にいびきをかき始めた、いびきがひどくなっていっている、息苦しそう、という症状が出たら、必ず早めに獣医師に診てもらいましょう。

犬の薬トータルinfoTOPへ

△PAGE TOP