犬の薬トータルinfo

自宅で犬をお風呂に入れる手順と注意点。

まず、犬をお風呂に入れる頻度は、だいだい月に1~2回程度です。
なぜなら、頻繁なお風呂は皮脂を落としすぎてしまうので、皮膚を傷つけてしまう場合もあるからです。

しかし、体臭が強い犬は、シャンプーを使わずに週に1~2回洗ってあげても良いです。

では、自宅で犬をお風呂に入れる手順についてです。

・お風呂に入れる前に、全身をブラシでブラッシングする。
ブラッシングをすることで、ホコリや汚れ、抜け毛や毛のもつれを浮かし、取り除くことができます。
そうすることで、毛の根元までシャンプーが入りやすくなり、汚れを落としやすくなるので、シャンプーにかかる時間を減らすことができます。

・犬の体をシャワーでよく濡らす。
この時に、お湯の温度が30度くらいに設定し、熱くなりすぎないようにするのがポイントです。
また、いきなり体にお湯をかけないで、ゆっくり慣らすようにかけていくことも大切です。

・体をシャンプーする。
シャンプーの種類は、犬用を必ず選ぶことです。人間のシャンプーでは刺激が強すぎるのでダメです。
また、リンスが入っているシャンプーを選ぶと、リンスの手間を省けるし、保湿力も高いのでおすすめです。

シャンプーする時は直接犬にかけるのではなく、一旦泡立ててから体を洗ってあげます。
そして、決して爪を立てたり、ゴシゴシ強く洗ってはいけません。指の腹でマッサージするように洗ってあげます。
また、耳や口の中、目にシャンプーが入らないように気を付けなければなりません。

・シャワーで洗い流す。
30度くらいのお湯で、泡が残らないようにしっかり洗ってあげます。
泡が残ってしまうと、皮膚病の原因にもなってしまうからです。

・タオルでよく拭く。
タオルドライをしっかりしてあげることで、乾かす時間を大幅に減らすことができます。
なので、しっかり拭いてあげることが大切です。

・ドライヤーで乾かす。
犬は体温調節ができないので、ドライヤーが熱すぎると熱中症になってしまう場合もあります。それに、やけどをしてしまう場合もあります。
なので、人肌くらいの温度でしっかり乾かしてあげることです。
この時もしっかり乾かしてあげないと、皮膚病になりやすくなってしまいます。

乾かし終わったら、軽くブラッシングをしてあげれば終わりです。

このように、自宅でもキレイに洗ってあげることができるし、なによりシャンプーの時間はスキンシップの時間にもなるのでおすすめです。

犬の薬トータルinfoTOPへ

△PAGE TOP