犬の薬トータルinfo

フィラリア薬の上手なあげ方とは?

愛犬にとってフィラリアはとても怖い病気。それを予防するためのフィラリア薬を与えるのは飼い主としての義務であり、シーズンには毎月しっかりと必要量を与えなくてはなりません。とは言っても実際愛犬によっては、飲むのを嫌がったりしてスムーズに与えられないことも多々あります。ではどのようにフィラリア薬を与えるのがよいのでしょうか?

フィラリア薬にも様々な形状があります

フィラリア薬と言っても様々な形のものがあります。その中でも特に与えやすいのはおやつのようなチュアブルタイプ。ハードタイプのジャーキーのような風味のものが多く、嗜好性に優れているので、ほとんどの愛犬が食いつきよく食べさせやすい形状です。その他錠剤タイプや粉薬タイプはエサに混ぜて与えると比較的摂取させやすいです。その他現在ではワンシーズンに1回接種の注射タイプや月に1回皮膚に直接垂らすタイプのものなど愛犬のタイプをよく見ながら、形状を選ぶとよいです。

小さな子へのおススメの方法

まだ仔犬だったり、犬種的にチワワなど体格の小さな子ですと、自分でおやつタイプのものをかみ砕くのが難しかったり、エサに混ぜても食べムラがあって、なかなか摂取してくれなかったり、注射タイプや直接垂らすタイプですと副作用が心配だったりと、上記の方法で対処できないこともあります。そういった時には固形状でしたら細かく切ってから与えるのも一つの手。飲みこむ力がある程度あれば、この方法で体の小さな子でも飲みこめます。それも難しい時には粉薬タイプのものを水で溶かしてスポイトで与えたり、動物病院などで販売されている犬用のオブラートで包んで与えたり、市販の犬用ゼリーに混ぜて与えたりすると、スムーズに喉を通過してくれるかと思います。

動物病院とよく相談して

このようにフィラリア薬にも様々な形や方法があり、いずれの方法でも与える期間や量をしっかり守っていれば一定の効果が期待できます。とは言っても思うように飲んでくれない時や困った時は、動物病院に相談の上、その子に合った方法を取るのがベストです。

犬の薬トータルinfoTOPへ

△PAGE TOP